悪化する前に治療を | 様々な歯科医院で受けられる治療の特徴とは

様々な歯科医院で受けられる治療の特徴とは

悪化する前に治療を

歯の治療は後回しになりがち

いつまでも健康的な歯でいたいというのは誰もが願う思いではないだろうか。歯医者さんではこんなポスターをよく見かけることがある。8020運動というものである。これは80歳までに20本自分の歯を残そうというものである。しかし、現代人の多くはそんなには健康な歯が残らないだろうといわれている。なぜだろうか。食べる物も大いに関係しているが、歯の病気は身体の病気とは違い、あまり重要視されない事が多いからだ。特に傷みや違和感があっても我慢してしまう人は意外に多いのだ。また、前歯のような歯だと目立つので直ぐに治す傾向にあるが、奥歯やその他の歯だと無視されてしまうケースは多い。つまり自分の歯が悲鳴をあげているにも関わらず、また違和感があっても行動しないという事だ。そのような時に、周りや家族はどんなアドバイスができるだろうか。

歯の治療に対する悪循環を断ち切る

上記の中でも取り上げたように、虫歯を抱えている人や歯に違和感を持った人にどのように対処したらよいだろうか。また、どうしたら歯医者に行くように説得できるだろうか。まず、このままほっておいても歯は良くならないという事を丁寧に分かりやすく伝える事にしよう。つまり、原因と結果を分かりやすく説明するという事である。このように相手に伝えれば、治療しない限り歯は良くならないという考えや印象を相手に植え付ける事ができ、治療に前向きになってくれるかもしれない。また、費用や傷みという点でもほっておけば、悪くなるばかりで早期に治療すれば傷みや費用も抑える事ができるという点も考えてもらえるだろう。更に感情面の問題になるが、歯医者は味方であるという事実も伝える必要があるだろう。では、あなたに歯に痛みや違和感を持つ友人や家族がいるなら早期治療ができるように説得して、歯医者にいきやすい環境を作ってみるのはどうだろうか。

↑ PAGE TOP